研究室紹介
LABORATORY

未来の情報社会を支える量子磁石を創り出す

山田豊和研究室
走査トンネル顕微鏡(Scanning Tunneling Microscopy: STM)は、この世を構成する最も小さな1個の原子が直接みえてしまう『超高分解能な顕微鏡』です。山田豊和研究室ではSTMを自作開発しています。 STMの面白い点は、探針をつかって、1個の原子や分子を、つつくようにして動かすことができる点です。STMで1個の原子・分子を動かして「究極のものづくり」で、未来の超小型デバイス開発用物質開発研究を実施しています。

NEWS

現在山田豊和研究室に関するニュースはありません。

卒業生の進路

三菱重工業、東芝、リコー、村田製作所、富士ゼロックス、コニカミノルタ、エプソン、NOK、島津製作所、イビデン、東陽テクニカ

メンバー紹介
MEMBER

准教授
3年担任
走査トンネル顕微鏡(STM)、スピン偏極STM、原子・分子マニピュレーション、スピントロニクス磁気物質、単一有機分子スピントロニクス、グラフェン分子炭素材料、トポロジカル超伝導物質、1個の生命分子で構造解明”創薬”

所属研究室